青森県に旅行するならココ!お勧め観光スポット三選

千変万化の美しい流れが魅力の奥入瀬渓流

十和田湖の東側にある子ノ口から流れ出る長さ14キロの奥入瀬川は深い自然に囲まれ様々な表情を見せてくれる渓流地帯です。川にはいくつもの滝が点在しており「瀑布街道」とも呼ばれています。川沿いには車道と歩道が整備されており、美しい渓流を眺めながらドライブしたり、散策を楽しんだりすることができます。見どころも数多く「雲井の滝」「阿修羅の流れ」「紫明渓」などが有名です。

弘前城は東北を代表する美しい城

弘前城は弘前市内にある城で、江戸時代に建立された天守閣などは国の重要文化財に指定されています。別名「高岡城」「鷹岡城」とも呼ばれ、江戸時代には弘前藩津軽氏の居城となっていました。城郭は本丸、二の丸、北の郭、西の郭など6郭で構成され総面積は49万2千平方メートルにも及びます。公園内はいつでも入場できますが、ゴールデンウィークの桜まつりの時期は本丸エリアが有料となります。名物の桜まつりのころは市内のホテルは予約が取りにくくなるため、早めによやくした方がいいでしょう。

日本三大霊場のひとつ恐山で神秘に触れる!

恐山は下北半島の中央部に位置する標高800メートルの活火山で「日本三大霊場」の一つです。山全体が霊場となっていて正式名称は「恐山菩提寺」となっています。夏の恐山大祭や秋の恐山秋詣りに合わせ、霊能力があるとされるイタコが集まり、死者の霊と交信する「口寄せ」をしてくれます。アクセスはJR下北駅からバスで40分、マイカーの場合はむつ市内から約20分で駐車場の前にはあの世とこの世を分ける「三途の川」が流れていて霊場としての雰囲気がひしひしと感じられます。

ヤートラルートをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です