長野の松本へ観光するならどこがいい?迷ったらこの定番スポット3つ!

1.国宝指定の天守閣がある、美しい城跡!

松本を象徴するスポットいえば、まず「松本城」をイメージする人も多いはず。重厚感のある堂々とした天守閣が国宝に指定されている上、美しい石垣の続く城跡も国の史跡になっています。城の周囲は公園化されており、桜の名所として有名です。また「太鼓まつり」や「月見の宴」、あるいは「氷彫フェスティバル」や「奉射弓道大会」など、年間を通じて数多くのイベントが開催されます。観光スポットとしてはもちろん、市民の憩いの場としても親しまれています。

2.全国的にも人気の高い、大自然のスポット!

大自然を満喫するために松本へ観光するのであれば、「上高地」をおすすめします。北アルプスに囲まれた標高1500メートルの景勝地には、登山やハイキングを楽しむ大勢の人々が、全国から集まります。特にここで有名なスポットといえば、梓川に架かる「河童橋」でしょう。素朴な木製の吊り橋からは、穂高連峰の美しい山々を望むことができるため、記念撮影にはピッタリ。周辺にはお土産屋などの売店や、有名ホテルなどの宿泊施設も充実し、アウトドア以外の観光で訪れる方も珍しくありません。

3.洋風建築が素敵な長野最古の小学校!

「旧開智学校」は明治初期に建てられた、県で最も古い小学校です。もちろん現在では使用されていませんが、中央の八角塔をシンボルとした国指定の重要文化財の校舎は、国内でも有数の擬洋風建築物として知られます。また現在では校舎内が教育博物館になっており、江戸時代から現代までの教育資料が、約3万点も保存および展示されています。窓にはめ込まれた舶来のギヤマンガラスを見るだけでも、価値のあるスポットです。

ヤートラルートをしらべる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です